フォトギャラリー

          真田神社





 


 

 



 

【あ行】

明智光秀
浅井長政
浅井3姉妹
井伊直政
石田三成
上杉景勝
上杉謙信
宇喜多直家
宇喜多秀家
お市の方
大谷吉継
織田信長


【か行】

片倉小十郎
加藤清正
蒲生氏郷
黒田官兵衛
黒田長政
後藤又兵衛
小西行長
小早川秀秋


【さ行】

雑賀孫市
斉藤道三
榊原康政
真田昌幸
真田幸村
柴田勝家
島左近
島津義弘
千利休


【た行】

武田信玄
竹中半兵衛
伊達政宗
立花宗茂
長宗我部元親
藤堂高虎
徳川家康
豊臣秀吉


【な行】

直江兼続


【は行】

蜂須賀正勝
福島正則
細川ガラシャ
本多忠勝
風魔小太郎
北条氏康


【ま行】

前田慶次
前田利家
松永久秀
毛利元就
最上義光
森蘭丸


【や行】

山内一豊
山中鹿之介
山本勘助


オーナー日記
しょうぶ屋のオーナー
目加田宗彦さんのブログ!
デザインと農業。
SAMURAISMARTチーフデザイナー
RyuyaTatezawaさんのブログ。
SAMURAISMART戦国Tシャツ完成
までのプロセスが垣間見れるかも◎
メルマガ登録・解除はこちら
RSS
ATOM


TOP > Tシャツ > 小早川秀秋Tシャツ
▼クリックで画像を拡大



小早川秀秋Tシャツ SA-0039
4,100円(内税) 定価:3,990円(内税)  

購入数


サイズ
 ご購入の前に 在庫状況・価格詳細 をご確認ください
在庫がない場合は入荷次第の発注になりますので発送が遅れる場合がございます。ご注意ください。
入荷についてはこちらでお問い合わせください。

  「double crosser」 小早川金吾中納言秀秋

1600年、日本の歴史にその名を残す関ヶ原の戦い。
この天下分け目の合戦において西軍の命運を断ち切り、 徳川家康率いる東軍の勝利を決定付けた若き一人の武将がいます。 当時19歳を数えたその武将の名は、小早川金吾中納言秀秋。 西軍から東軍への「寝返り」という行為によって、彼は歴史にその名を刻むこととなります。

しかし小早川秀秋は、その過去にもう1つの名を持っていました。
その名は「羽柴秀俊」。
彼は豊臣秀吉の甥として生まれ、将来は豊臣家の跡継ぎとして嘱望された人物であったのです。 そんな彼がなぜ自らの家族とも言える西軍を裏切り、家康に加担したのでしょうか?

小早川秀秋は、後世の歴史家からしばしば「暗愚な裏切り者」として断じられます。 しかし日本の将来を決めた戦いの第3の主役であり、自らの生まれた豊臣家に 弓を向けざるを得なかった彼の思いを、単なる「裏切者」という単純な見方で くくってしまってもよいものでしょうか?
今回のTシャツ製作にあたり、私達が今作のデザイナーである一葉さんと込めた思いは 『小早川秀秋の苦悩』であり、豊臣秀吉という権力者によって 狂わされていく彼の人生を表現することでした。

小早川秀秋は天正10年(1582年)、豊臣秀吉の正室高台院の兄であった木下家定の五男として生まれます。 まだ実子のなかった秀吉は生まれてまもない秀秋(辰之助)を養子としてもらいうけ、 羽柴秀俊の名を与えます。彼は豊臣家の跡取りになる事を望まれ、大切に育てられますが 秀吉に実子秀頼が生まれた事で彼は少しづつ、豊臣家での居場所を奪われてゆきます。

黒田如水らの働きで「毛利の両川」といわれる名門・小早川家へ養子に出された彼は 慶長の役などで活躍を見せますが、石田三成の「大将の器にあらず」という進言により 秀吉に領地を没収されてしまいます。
自分よりも石田三成の言葉を信じた秀吉の姿を目の当たりにし、かつての優しかった父・秀吉が もういない事を実感した秀秋は、豊臣家への義理と憎しみの間で苦悩しながら、 やがて関ヶ原の合戦の日を迎えるのです。

開戦から程なくして、西軍・石田三成の本陣から突撃を下知するのろしが上がります。 すでに東軍の総大将徳川家康とも密約が交わされていた秀秋は、 寸前までどちらにつくのか苦悩したことでしょう。

結果、彼は自らの軍を同胞である西軍へと向けます。
松尾山から西軍へ向かって駆け下りた時、秀秋の胸に去来した想いは何だったのでしょうか? 思い出、あせり、苛立ち、恩賞、義理、悔しさ・・・。
いずれにせよ19歳の若さで秀秋は、身内である豊臣家への裏切りと、それによって 小早川家の家名を汚すという非常に重い二つの十字架を背負うことになるのです。

  デザインコンセプト

さて今作のデザインはそうした秀秋への内面と人生を、赤と黒という強いインパクト を持ったカラーとデザインによって表現する野心的な作品に仕上がりました。

フロントには秀秋の陣羽織に描かれた「違い鎌」をベースにしたグラフィックを配置。
双方の鎌先に石田三成・徳川家康のモチーフを埋め込み、ちょうど軸になる中心には 小早川家の家紋「三頭右巴」を埋め込んであります。
配列されている「double crosser」と言う言葉は、裏切り者をあらわす色々な言葉の中でも 東軍と西軍の間で揺れ動いた彼の心情にもっともマッチした表記ではないでしょうか。

背面には一葉さん発案の狐と狸のトライバルを大きく描きこみ 中心には秀秋の姿を配置。その周りには金吾のアルファベット表記であり、 かつ王になれなかった彼を同時に表す『KING-O(キング・ゼロ)』の タイポグラフィーで表現してみました。

絵・アイデア共に『絵師・一葉』さんの想いがたくさん詰った一品です。


  詳しくはSAMRAISMARTホームページでご覧いただけます。


 


|この商品を買った人はこんな商品も買ってます

斉藤道三Tシャツ


前田慶次郎「皆朱の槍」Tシャツ


島左近Tシャツ


プライバシーポリシー お支払い方法について 配送方法・送料について 特定商取引法に基づく表記