フォトギャラリー

          真田神社





 


 

 



 

【あ行】

明智光秀
浅井長政
浅井3姉妹
井伊直政
石田三成
上杉景勝
上杉謙信
宇喜多直家
宇喜多秀家
お市の方
大谷吉継
織田信長


【か行】

片倉小十郎
加藤清正
蒲生氏郷
黒田官兵衛
黒田長政
後藤又兵衛
小西行長
小早川秀秋


【さ行】

雑賀孫市
斉藤道三
榊原康政
真田昌幸
真田幸村
柴田勝家
島左近
島津義弘
千利休


【た行】

武田信玄
竹中半兵衛
伊達政宗
立花宗茂
長宗我部元親
藤堂高虎
徳川家康
豊臣秀吉


【な行】

直江兼続


【は行】

蜂須賀正勝
福島正則
細川ガラシャ
本多忠勝
風魔小太郎
北条氏康


【ま行】

前田慶次
前田利家
松永久秀
毛利元就
最上義光
森蘭丸


【や行】

山内一豊
山中鹿之介
山本勘助


オーナー日記
しょうぶ屋のオーナー
目加田宗彦さんのブログ!
デザインと農業。
SAMURAISMARTチーフデザイナー
RyuyaTatezawaさんのブログ。
SAMURAISMART戦国Tシャツ完成
までのプロセスが垣間見れるかも◎
メルマガ登録・解除はこちら
RSS
ATOM


TOP > Tシャツ > 明智光秀Tシャツ
▼クリックで画像を拡大



明智光秀Tシャツ SA-0009
4,100円(内税) 定価:3,990円(内税)  

在庫 0 枚 売切れ中



サイズ
明智光秀は美濃国守護の土岐氏の一族で、斉藤家、越前の浅倉家を経て、織田家に仕えます。

数々の功により、仕官してわずか4年で信長から近江国滋賀郡を与えられ、坂本城主となりました。

これは織田家臣団の誰よりも先がけて城持ち大名になったという異例の大出世であり、信長が光秀を高く評価していたことが伺えます。

その後も各地を転戦し、丹波国平定の折りには信長から「天下の面目を施した」と絶賛され、近畿一円を支配する大名となりました。

しかし、そのわずか3年後の1582年6月。光秀は、わずかな警護とともに本能寺に滞在している信長を攻め、自害させました。

光秀がなぜ、本能寺で自分を取り立ててくれた主君である信長を討ち果たすに至ったのか未だにその原因ははっきりしておらず、戦国最大の謎として今も多くの歴史家によって研究されています。
今作ではその戦国時代最大の衝撃であった「本能寺の変」をテーマに、事件が起こった1582年のタイポグラフィーと明智家の家紋である「水色桔梗紋」をTシャツのフロントにデザイン。

バックには舞い散る花吹雪の中、本能寺へと向かう明智軍のシルエットとともに、本能寺の変の直前、中国攻めの戦勝祈願のために開かれた連歌会「愛宕百韻」での光秀の発句「ときは今 天に下しる 五月哉」をあしらいました。

己の信念のもと、一命を賭して信長を討ち、時代の流れを正そうとして散っていった男のはかなさが哀愁を誘う一枚です。
詳しくは
SAMURAISMartホームページ
でもご覧いただけます。


|この商品を買った人はこんな商品も買ってます

竹中半兵衛Tシャツ


織田信長Tシャツ


真田十文字槍Tシャツ


プライバシーポリシー お支払い方法について 配送方法・送料について 特定商取引法に基づく表記