フォトギャラリー

          真田神社





 


 

 



 

【あ行】

明智光秀
浅井長政
浅井3姉妹
井伊直政
石田三成
上杉景勝
上杉謙信
宇喜多直家
宇喜多秀家
お市の方
大谷吉継
織田信長


【か行】

片倉小十郎
加藤清正
蒲生氏郷
黒田官兵衛
黒田長政
後藤又兵衛
小西行長
小早川秀秋


【さ行】

雑賀孫市
斉藤道三
榊原康政
真田昌幸
真田幸村
柴田勝家
島左近
島津義弘
千利休


【た行】

武田信玄
竹中半兵衛
伊達政宗
立花宗茂
長宗我部元親
藤堂高虎
徳川家康
豊臣秀吉


【な行】

直江兼続


【は行】

蜂須賀正勝
福島正則
細川ガラシャ
本多忠勝
風魔小太郎
北条氏康


【ま行】

前田慶次
前田利家
松永久秀
毛利元就
最上義光
森蘭丸


【や行】

山内一豊
山中鹿之介
山本勘助


オーナー日記
しょうぶ屋のオーナー
目加田宗彦さんのブログ!
デザインと農業。
SAMURAISMARTチーフデザイナー
RyuyaTatezawaさんのブログ。
SAMURAISMART戦国Tシャツ完成
までのプロセスが垣間見れるかも◎
メルマガ登録・解除はこちら
RSS
ATOM


TOP > Tシャツ > 天下三槍・蜻蛉切Tシャツ
▼クリックで画像を拡大



天下三槍・蜻蛉切Tシャツ SA-0011
4,100円(内税) 定価:3,990円(内税)  

購入数


サイズ
 ご購入の前に 在庫状況・価格詳細 をご確認ください
在庫がない場合は入荷次第の発注になりますので発送が遅れる場合がございます。ご注意ください。
入荷についてはこちらでお問い合わせください。
日本には「天下三槍」というものがあるのをご存知でしょうか。これは日本の歴史上特に素晴らしいと認められた「御手杵」「蜻蛉切」「日本号」という三本の槍に与えられた称号です。

そして戦国一の兵、本多平八郎忠勝が愛用していたのがその一つ「蜻蛉切」です。「蜻蛉切」は村正派の刀工で「三河文殊」と称された藤原正真作と伝えられ、穂先に止まったトンボが真っ二つになったことから「蜻蛉切」という名がついたと言われています。
初期の「蜻蛉切」は、黒塗りの柄で一丈三尺(約3.9メートル)の長さであったそうですが、忠勝が徳川軍の殿軍を務めた一言坂の合戦においては、青貝螺鈿の二丈(約6メートル)の柄に交換して戦い、わずかな手勢で武田の精鋭騎馬軍団の追撃を退けました。

また晩年においては、「槍は技量にあった長さが一番」と語り、「蜻蛉切」の柄を短くしたことから、忠勝は常にその時の状況に適した仕様にカスタマイズして戦っていたようです。

「蜻蛉切」Tシャツは先にリリースした「石田切込正宗」Tシャツと対の作品となっており、正宗、村雨の2大名工の夢の競演を実現致しました。

背中にプリントされた、細いブルーのラインの蜻蛉のグラフィックと、記号のような槍のシルエットが印象的な一枚です。
詳しくは
SAMURAISMartホームページ
でもご覧いただけます。


|この商品を買った人はこんな商品も買ってます

竹中半兵衛Tシャツ


山中鹿之助Tシャツ


島左近Tシャツ


プライバシーポリシー お支払い方法について 配送方法・送料について 特定商取引法に基づく表記