フォトギャラリー

          真田神社





 


 

 



 

【あ行】

明智光秀
浅井長政
浅井3姉妹
井伊直政
石田三成
上杉景勝
上杉謙信
宇喜多直家
宇喜多秀家
お市の方
大谷吉継
織田信長


【か行】

片倉小十郎
加藤清正
蒲生氏郷
黒田官兵衛
黒田長政
後藤又兵衛
小西行長
小早川秀秋


【さ行】

雑賀孫市
斉藤道三
榊原康政
真田昌幸
真田幸村
柴田勝家
島左近
島津義弘
千利休


【た行】

武田信玄
竹中半兵衛
伊達政宗
立花宗茂
長宗我部元親
藤堂高虎
徳川家康
豊臣秀吉


【な行】

直江兼続


【は行】

蜂須賀正勝
福島正則
細川ガラシャ
本多忠勝
風魔小太郎
北条氏康


【ま行】

前田慶次
前田利家
松永久秀
毛利元就
最上義光
森蘭丸


【や行】

山内一豊
山中鹿之介
山本勘助


オーナー日記
しょうぶ屋のオーナー
目加田宗彦さんのブログ!
デザインと農業。
SAMURAISMARTチーフデザイナー
RyuyaTatezawaさんのブログ。
SAMURAISMART戦国Tシャツ完成
までのプロセスが垣間見れるかも◎
メルマガ登録・解除はこちら
RSS
ATOM


TOP > Tシャツ > 松永弾正久秀Tシャツ
▼クリックで画像を拡大



松永弾正久秀Tシャツ SA-0048
4,100円(内税) 定価:3,990円(内税)  

購入数


サイズ
 ご購入の前に 在庫状況・価格詳細 をご確認ください
在庫がない場合は入荷次第の発注になりますので発送が遅れる場合がございます。ご注意ください。
入荷についてはこちらでお問い合わせください。


 【第49弾】 立花宗茂 Tシャツ  |  【第47弾】 浅井長政Tシャツ

   戦国最凶 松永弾正久秀

松永 久秀は、三好氏家臣を経て織田氏家臣となった。別名は松永弾正。
北条早雲・斎藤道三と並んで日本三大梟雄と評されている。
出身地は山城国西岡とも、摂津国とも、阿波国出身とも言われ、
当初は三好長慶に仕え、久秀は有能な官僚的存在であった。
やがて三好家中で実力をつけ、実質的には京都支配の実権を握った言われる。

長慶の死後、三好三人衆と共に第13代将軍・足利義輝を二条御所夜襲にて殺害(永禄の変)し、
畿内を支配した。
その後協力関係にあった久秀と三好三人衆は、
次第に「権力の座」を巡り対立を始めるようになる。

いったんは三好三人衆が畿内で覇権を確立したかに見えたが、
久秀は織田信長との関係を密にし、永禄10(1567)年4月、決起。
三好三人衆と合戦を繰り広げる。
この戦いで久秀は東大寺に陣を張る三好三人衆に夜襲を仕掛け、
その結果、東大寺大仏殿を焼き払ってしまう。


そして信長が上洛を果たすと、名物の茶道具「作物茄子(九十九髪)」を
献上し久秀は信長の家臣となった。
この結果、信長からは大和国と河内国半分を本領安堵されたのである。

しかしその後信長に反逆して敗れ、天正5(1577)年、久秀は再び信長に叛旗を翻す。
奇しくも大仏殿を焼き払った日と同じ10月10日、織田軍が攻囲する中、
久秀は火薬に火をつけ名物の茶道具「平蜘蛛」とともに日本史上初の爆死という最後をむかえる。

織田信長が謀反を企てた武将に対してこれほど寛大な計らいをしたのは久秀の他はない。
それほどに信長の久秀に対する思い入れは強かったと思われる。
極悪人の異名も持ちながらも、連歌や茶道に長けた教養人であり、
領国に善政を敷いた名君として、現在でも知られているおり、謎の多い魅力的な武将である。

  デザインコンセプト

「リスクと見返りで生きるのではなく、自分が正しいと思うことで生きる。
そんな時がキミにくるのかな?」

そんな挑戦的な英文を纏ったSAMURAISMART48作目の戦国武将Tシャツ「松永弾正久秀」。

生き様を見るとまさしくリスクと見返りだけで乱世を
駆け抜けたように思えるのですが
最後に見せた意地が、文字通り久秀のイメージをぶっ飛ばしました。

きっと彼は信念で生きた数少ない武将なのではないかと思います。
そんな爆発のような激しい生き様をイメージし、デザインしました。





  詳しくはSAMRAISMARTホームページでご覧いただけます。




プライバシーポリシー お支払い方法について 配送方法・送料について 特定商取引法に基づく表記