フォトギャラリー

          真田神社





 


 

 



 

【あ行】

明智光秀
浅井長政
浅井3姉妹
井伊直政
石田三成
上杉景勝
上杉謙信
宇喜多直家
宇喜多秀家
お市の方
大谷吉継
織田信長


【か行】

片倉小十郎
加藤清正
蒲生氏郷
黒田官兵衛
黒田長政
後藤又兵衛
小西行長
小早川秀秋


【さ行】

雑賀孫市
斉藤道三
榊原康政
真田昌幸
真田幸村
柴田勝家
島左近
島津義弘
千利休


【た行】

武田信玄
竹中半兵衛
伊達政宗
立花宗茂
長宗我部元親
藤堂高虎
徳川家康
豊臣秀吉


【な行】

直江兼続


【は行】

蜂須賀正勝
福島正則
細川ガラシャ
本多忠勝
風魔小太郎
北条氏康


【ま行】

前田慶次
前田利家
松永久秀
毛利元就
最上義光
森蘭丸


【や行】

山内一豊
山中鹿之介
山本勘助


オーナー日記
しょうぶ屋のオーナー
目加田宗彦さんのブログ!
デザインと農業。
SAMURAISMARTチーフデザイナー
RyuyaTatezawaさんのブログ。
SAMURAISMART戦国Tシャツ完成
までのプロセスが垣間見れるかも◎
メルマガ登録・解除はこちら
RSS
ATOM


TOP > Tシャツ > 石田三成・佐和山城Tシャツ
▼クリックで画像を拡大



石田三成・佐和山城Tシャツ SA-0055
4,100円(内税) 定価:4,100円(内税)  

購入数


サイズ


カラー
 ご購入の前に 在庫状況・価格詳細 をご確認ください
在庫がない場合は入荷次第の発注になりますので発送が遅れる場合がございます。ご注意ください。
入荷についてはこちらでお問い合わせください。


 
【第56弾】関ヶ原・石田三成Tシャツ  |  【第54弾】最上義光Tシャツ

 
   「三成に過ぎたるものが二つあり、島の左近に佐和山の城」   石田三成・佐和山城Tシャツ

 佐和山城は彦根駅の北側、佐和山(232.5m)にある城跡です。
不破(ふわ)の関があった関ケ原(せきがはら)に近く、交通の要衝でした。
近江守護佐々木氏によって築城され、天正18年(1590)石田三成(いしだみつなり)(1560-1600)が、佐和山城主となってから、5層の天守を構え、鳥居本(とりいもと)を大手とする立派な城だったといわれます。
三成が関ケ原の戦いで破れた後、井伊直政(なおまさ)が新しい城主になりましたが、慶長11年(1606)、彦根城築城にともない廃城になりました。
建築物の多くは彦根城や麓にある清凉寺(せいりょうじ)、龍潭寺(りょうたんじ)に移築転用され、現在では佐和山城を偲ぶものは、山腹の石田群霊碑だけとなっています。
また、山頂からは琵琶湖や比良山系が一望のもとに見わたせます。

【出典】滋賀琵琶湖観光情報
  デザインコンセプト

石田三成の最後の居城「佐和山城」は言い伝えは多いものの、
その形や形状をはっきりと現代に伝える資料は非常に乏しいと言われています。
三成の旗印として広く知られている「大一大万大吉」を幻の佐和山城に投影し、
POPなカラーリングで仕上げました。



   

  詳しくはSAMRAISMARTホームページでご覧いただけます。




プライバシーポリシー お支払い方法について 配送方法・送料について 特定商取引法に基づく表記